配送方法について
  • マルオカは大谷石・新大谷石の専門店
  • 欲しい大谷石が見つかる
  • 外構に特化したスーパー大谷石
  • とちぎの伝統工芸品 大谷石コースター
  • 大谷石でオリジナルグッズを作ろう

大谷石専門店オーヤモンドのネットショップがオープン。あらゆる種類、サイズの大谷石をインターネットで販売。

 
 

トップ > 保護剤 > 【水性】Hey浸透フィニッシュ(2kg、4kg、14kg)※特許取得製品

【水性】Hey浸透フィニッシュ(2kg、4kg、14kg)※特許取得製品

大谷石保護剤Hey浸透フィニッシュ

【水性】Hey浸透フィニッシュ(2kg、4kg、14kg)※特許取得製品

大谷石と相性抜群の水性浸透造膜系保護剤です。(無機質専用水性浸透強化仕上げ剤)

特許技術の高い浸透力で大谷石内部までしっかりと浸透し、ガッチリと保護、強化します。すでに風化が進んでいる大谷石塀や擁壁などの表層強度の回復に特に効果を発揮します。高い浸透力で石に光沢感が出にくく、大谷石の質感に影響が出にくい保護剤になっています。内外装材(大谷石タイル)、石塀、敷石、門柱、土留めなどに使用できます。

▼下記項目に当てはまる場合は保護剤の使用をご検討ください。
・風化が進んだ石塀や土留めの劣化、脆弱化を止めて表層強度の回復・保護をしたい
・大谷石を保護して汚れの付着を防ぎ、長期的な美観の維持と風化を防ぎたい
・室内で大谷石を使用したいので粉落ち(服などへの付着)やミソの抜けを抑えたい
・大谷石の経年変化の色の変わり方を綺麗に調整したい
・大谷石の質感にできるだけ影響が出ない塗料を使用したい
・耐摩耗性、耐汚染性を向上させて敷石でも綺麗に使いたい

<使用前のよくあるご質問はページ下部にまとめてありますのでご参考ください。>

【ご確認ください】
表層が剥がれた大谷石にHey浸透フィニッシュを塗布後、補修モルタルで成形などを行う場合はガッチリ浸透プライマーWをご使用ください。

ガッチリ浸透プライマー商品ページはこちら

風化が進んだ石塀や土留めの劣化、脆弱化を止めて表層強度の回復・保護


 

大谷石の石塀、土留めは雨打たれ、凍害、二酸化炭素等の様々な要因により劣化、脆弱化していきます。経年劣化により石の表層で石粉がポロポロと落ち始めたり、表層が剥がれる場合があります。
Hey浸透フィニッシュは特許技術の高い浸透力で、すでに風化が始まっている大谷石にも効果を発揮し、脆弱化や劣化を食い止めて表層強度を回復し、将来的に保護します。

大谷石を新しく交換することが難しい場合や、既存の大谷石塀を出来るだけ長く使用したい場合に、安価に表層強度の回復と保護をすることが可能です。また水性1液性で臭いも無く、DIYしやすい塗料でもあります。

尚、大谷石塀に見られる風化(石粉がポロポロ落ちたり表層が剥離する現象)は石の表層3cm程度だけで発生します。石の内部まで風化しているわけでは無く、突然崩れ落ちるということはございませんのでご安心ください。(石の内部は硬く新品のような状態のままになります)
但し、耐用年数を大きく超えて使用している場合は風化が進行している可能性もございます。 その場合は大谷石の寿命と考え新しいものと交換をご検討ください。

大谷石を保護して長期的な美観の維持と風化を防ぐ

建物の外壁や、石塀、土留め、敷石などで大谷石を使用すると汚れの付着が考えられます。また大谷石は吸水性が高いため、冬に水を吸った状態で凍ることで膨張し凍害の影響を受けやすくなります。

大谷石にHey浸透フィニッシュを塗布することで、汚れが付着しにくくなり、吸水を抑制し保護することが可能になります。大谷石の表層も強化できるため耐摩耗性が向上し、敷石での使用でも効果が期待できます。※1、※2
※1 摩擦による汚れの付着は防ぐことは難しくなります。
※2 完全防水ではないので敷石の場合は雨が降ると濡れ色になりますが、晴天になれば自然に石の色は戻ります。

大谷石の粉落ち(服などへの付着)やミソの抜けを抑えたい

大谷石は多孔質構造で間隙が多く、結合力が弱い特徴があります。またミソと呼ばれる斑点上の模様は経年変化で抜けやすく空洞になる性質があります。(ミソ・・・粘土鉱物、モンモリロナイトといわれています。)

Hey浸透フィニッシュを塗布することで、特許技術で石に深く浸透し表層強化と結合力を向上させ大谷石の粉落ちやミソの抜けを大幅に防ぐことができます。室内で大谷石に服が触れて粉がつく可能性を防ぎたい場合や、ミソが抜けて空洞になることを防ぎたい場合におススメです。

大谷石の経年変化の色の変わり方を綺麗に調整したい

  • 統一感のある大谷石の色の変化
  • 保護剤による色の変化

大谷石は空気に触れたり、太陽の紫外線で酸化し淡い黄色〜茶褐色に色が変わります。日差しの当たり方が強い部分が濃く色が変わったり、雨に濡れたところは色が薄くなったり、丁場(採掘エリア)が異なる等で色の変化が綺麗に揃わない場合があります。

Hey浸透フィニッシュでコーティングすることで、経年変化の色の変わり方が均一になり統一感がでます。また色の変わり方も程よく抑えられ大谷石の綺麗な色合いが長く維持できます。※天然石のため必ずしも上記を保証するわけではありません。

製品出荷時にコーティング済みの大谷石を出荷することも可能ですのでご相談ください。

大谷石の質感にできるだけ影響が出ない塗料を使用したい

保護剤の中にはテカリが強く出てしまうものや、濡れ色になってしまうものがあります。Hey浸透フィニッシュは下塗り材のような下地補強を行いつつ同時に仕上げ材の効果も同時に付与できるため、上塗りする必要がなく大谷石の質感に影響がでにくくなります。造膜系でありながら特許技術により高い浸透力でテカりも少ない特長がある塗料です。

無処理のものと並べて比較した場合だと多少の質感の違いが確認できます。質感を一切変えたくない場合は、浸透系の保護剤をご使用ください。
※使用環境によってはイメージ通りの仕上がりにならない場合があります。
※大谷石の経年変化については石目によっても変わります。

商品スペック

商品名 Hey浸透フィニッシュ
塗料タイプ 水性浸透造膜系
外観組成 乳白色半透明液体特殊変性アクリル樹脂エマルション
内容量 14kg、4kg、2kg(2kgは弊社小分け)
塗布量(大谷石) 新設0.3kg/屐改修1kg/ ※塗布量は部材、劣化度合により変動します。
推奨使用用途 天然大谷石の保護、表層回復
参考納期 ご注文後、1〜2営業日で出荷
梱包方法 ポリペール缶、ポリ容器
最小ロット数 1個以上

お見積り、お問い合わせについて

下記のような場合はお気軽にお問合せください。
・商品に関するご質問、ご相談
・最小ロットに満たない場合のお見積もり、ご注文依頼
・大口のご注文を検討のお客様
・石塀の補修など、形状が少し異なる場合のご相談
・オーダーカットをご希望のお客様


商品のお見積り、お問い合わせ

◆ご注文はこちら

【水性】Hey浸透フィニッシュ(2kg、4kg、14kg)※特許取得製品

価格 : 円(税込)
送料無料
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
内容量

選択
14kg=17,000円/缶(税別)
4kg=8,200円/缶(税別)
2kg=4,800円/缶(税別)※弊社小分け

よくあるご質問(風化した大谷石の補修目的の場合)

■風化した大谷石の補修に使用する場合、Hey浸透フィニッシュはどれぐらい使用しますか。
改修目的でHey浸透フィニッシュを使用する場合は1kg/1m²の使用量で計算頂いた方が間違いございません。大谷石塀の規格サイズは約300mm×900mmになりますので、1kgで約3.7本の補修が可能になります。上記の参考塗布量は大谷石片面だけの計算になります。
また、新品の大谷石に使用する場合は1kgで11本(片面)程度塗布が可能です。


■何回塗れば良いですか。
追っかけ2度塗りを推奨いたします。Hey浸透フィニッシュを大谷石に塗布すると石が濡れ色になります。大谷石の吸水性とHey浸透フィニッシュの高い浸透力で10秒〜20秒程度で石がまた乾いてきますので、もう1度大谷石に塗布します。追っかけ2度塗りをすることで風化した部分にしっかりと浸透し、表層部分にもHey浸透フィニッシュが造膜しますので吸水抑制や汚れ防止効果が期待できます。
※吸水が激しい場合は3度塗りもご検討ください。


■噴霧器でも施工可能ですか。
噴霧器でも施工可能です。
Hey浸透フィニッシュは石がしっかりと濡れ色になるまで塗布する必要があります。噴霧器だと塗布量が少なく奥まで浸透しにくかったり、塗布量が多いと塗料が垂れて、垂れた跡を拭き取らないと少し光沢感が出る場合がございます。


■ハケやローラーはおススメがありますか。
刷毛は水性塗料用、ローラーの毛丈サイズは中毛をおススメいたします。
※大谷石は多孔質構造で穴などの窪みも多いため、ローラーの場合、中毛ぐらいの毛丈が無いと奥まで塗布しにくくなります。


■Hey浸透フィニッシュを再度塗布する場合の期間はどれぐらいですか。
環境によって期間は変わりますが、吸水抑制や汚れ防止効果などは塗布後3年〜5年程度で効果が低下します。3年〜5年以上経過して吸水抑制が著しく低下した場合は再塗布をご検討ください。

大谷石に深く浸透して結合した表層強化の効果が全て失われるわけではございませんので、現場によって経過を観察していただき再施工を推奨いたします。また再施工する場合は、必ず大谷石を水洗いしてから再塗布をお願いいたします。Hey浸透フィニッシュの保護膜に塵などの汚れが付着しているため、そのまま上塗りしてしまうと接着力が低下します。


■Hey浸透フィニッシュを風化した大谷石に使用する場合に気を付けることはありますか。
風化具合によりますが、大谷石の表層が剥がれかけている場合は該当部分を剥がしてから塗布を推奨いたします。また一度大谷石を水洗いしてから施工を推奨いたします。家庭用のもので十分ですので高水圧洗浄機などがあれば脆弱部分を剥がしながら洗浄が可能です。

■大谷石が濡れていても施工可能ですか。
大谷石が十分に乾いてからHey浸透フィニッシュの施工をお願い致します。
晴天で気温が高い時期であれば大谷石はすぐに乾きますが、冬など気温が低い時期は、施工前日に雨が降ると大谷石が乾いていない場合がございます。石が濡れている状態でHey浸透フィニッシュを塗布すると期待できる効果が発揮されない場合がございます。天候に注意して施工を行ってください。

■Hey浸透フィニッシュを施工直後は雨に濡れないほうがよいですか。
理想としては24時間程度は雨に濡れない方が安心です。数時間たてば表層の被膜は乾燥し固まり始めますが、浸透したHey浸透フィニッシュが本来の強度を発現するまで少し時間がかかります。

■臭いはありますか。
ほぼ無臭です。

■使用期限はありますか。
保管状況によりますが1年程度を目安とさせていただきます。

■仕上がりは無処理の場合と比べて変わりますか。
塗布直後は石が濡れ色になりますが、石がしっかり乾けば見分けがつかない程度に自然な仕上がりになります。※無処理の石と塗布済みの石を左右に並べて比較しないと分からない程度の違いです。通常は見分けがつかない仕上がりですが、太陽光や照明など強い光を反射する特定の角度の場合のみ、微光沢感が見える場合がございます。

■新品の大谷石にも使用できますか。
もちろん新品の大谷石にも使用可能です。新品の大谷石に塗布することで様々なメリットがございます。屋外で使用していても色合いが綺麗な大谷石や色の変わり方が均一で綺麗な大谷石。室内で使用していても石粉の付着などが無く、ミソも抜けず触ってもザラザラしない大谷石。上記のような大谷石はHey浸透フィニッシュ、もしくは同タイプの保護剤を使用している可能性が高いです。

新材向けに配合したHey浸透フィニッシュ(新材向け)もございますのでご検討ください。尚、商品出荷時に工場で塗布も可能ですのでご相談ください。

新材向けHey浸透フィニッシュ商品ページはこちら

取扱い及び安全上の注意事項

取扱い上の注意
・部材、塗布量の違いにより、艶が出たり濡れ色になる場合があります。漆喰は多少黄色く仕上がる場合があります。
・酸と反応するとゲル化する可能性があります。
・Hey浸透フィニッシュを塗布し、塗布間隔が過ぎた後、若しくは部材においてHey浸透フィニッシュが飽和状態で再度塗布した場合、浸透せずにフィルム状で膜になる可能性があります。
・塗布し過ぎて溜まりができた場合は、ウエス等で拭き取ってください。
・気温5℃以上での施工を心掛けてください。
・常時浸水する場所には適しません。(詳しくはお問い合わせ下さい)
・保管温度は5℃以上40℃以下としてください。
・直射日光を避けて常温で保管してください。
・落下、破損がないように荷崩れ防止等に配慮してください。
・漏出した液体は、布等で吸い取るか、セメント、オガ屑、土砂等を混ぜ、モルタル状として凝固回収してください。


安全上の注意
・取り扱いは換気の良い場所で行い、吸い込んだり、目、皮膚への接触を防止するため、状況に応じ保護具(眼鏡・手袋等)を着用してください。
・眼に入った場合は、清水で数分間洗浄後、直ちに医師の診察を受けてください。
・皮膚に付着した場合、肌荒れを起こすことがありますので、直ちに水洗いをしてください。
・吸入して気分が悪くなった場合は、速やかに新鮮な空気の場所に移動し、水または温水でうがいをしてください。状況に応じて医師の診察を受けてください。
・誤って飲み込んだ場合は、口をすすぎ、無理には吐かせず、直ちに医師の診断を受けてください。